ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(劇場版)

ジャンルSF、アクション
制作A-1 Pictures
監督伊藤智彦
シリーズ構成(脚本)川原礫、伊藤智彦
キャラクターデザイン足立慎吾
放送(公開)期間2017年2月

あらすじ・作品紹介/

2026年4月。「ナーヴギア」をその後継VRマシン「アミュスフィア」がとってかわったかのように、AR(拡張現実)マシン「オーグマー」という次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。「オーグマー」は覚醒状態で使用することができる安全性とその利便性から瞬く間にユーザーを増やし、ARアイドル・ユナの存在と「オーグマー」専用のARMMO RPG「オーディナル・スケール(OS)」もその人気を後押ししていた。
キリトの仲間たちも「オーグマー」を日常にゲームに大いに活用しOSにも参戦する中、当のキリト本人はこの新しい機器に乗り気ではなく、OSもあまりプレイしてはいなかった。
そんな中、OSに旧SAOのボスモンスターが現れるという噂が流れ始める。アスナに連れられてOSをプレイしたキリトが眼にしたものは旧アインクラッド第10層のボスモンスター「カガチ・ザ・サムライロード」。現実世界を舞台に、多くのSAO帰還者たちを巻き込んだ悲しき陰謀が幕を開ける。(Wikipediaより引用)

動画


※FLVのopcion1(動画上のタブ)は再生されない場合が多い様です。opcion2以降をお試しください。

 FLV | chia | b9 

 ひまわり | YouTube