攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society

ジャンルSF、アクション
制作Production I.G
監督神山健治
シリーズ構成(脚本)神山健治、菅正太郎、櫻井圭記
キャラクターデザイン後藤隆幸、西尾鉄也
放送(公開)期間2006年9月

あらすじ・作品紹介

シリーズ第3弾。 「個別の11人事件」後、草薙素子が公安9課を去って2年。メンバーも増え、少数精鋭ではなくなった新生公安9課。 素子の失踪や9課の変化と共に古くからの9課のメンバーもそれぞれ少しずつ変わっていっていた。そんな中、シアク共和国残党の特殊工作員によるテロ計画が判明。体の一部を義体化し、実質的リーダーとなったトグサ率いる9課は捜査を開始。ところが当の工作員達が次々と謎の自殺を遂げる。新浜空港では、9課の目の前で1人の工作員が「傀儡廻が来る!」と謎の言葉を残して自殺する。 一方、単独でテロ事件の捜査を行っていたバトーは素子と再会する。素子はバトーに「Solid State には近づくな」と謎の警告をする。捜査が進むにつれ、バトーは素子が「傀儡廻」ではないかと疑い出す。

動画


※FLVのopcion1(動画上のタブ)は再生されない場合が多い様です。opcion2以降をお試しください。

Ani | noSub | b9 

 ひまわり | YouTube 







コメントを残す

本文にリンクが含まれる場合は承認待ちになることがあります。ご了承ください。