千と千尋の神隠し

ジャンルファンタジー
制作スタジオジブリ
監督宮崎駿
シリーズ構成(脚本)宮崎駿
キャラクターデザイン安藤雅司、高坂希太郎、賀川愛
放送(公開)期間2001年7月

あらすじ・作品紹介

10歳の少女、千尋は、両親と共に引越し先へと向かう途中、森の中の奇妙なトンネルから通じる無人の街へ迷い込む。そこは、怪物のような姿の八百万の神々が住む世界で、人間は来ることを禁じられた場所だった。千尋の両親は飲食店で断りもなく飲み食いし、豚にされてしまう。千尋も帰り道を失って消えそうになるが、この世界に住む少年ハクに助けられる。 ハクは、八百万の神々が客として集う「油屋」という名の湯屋で働いていた。油屋の主人は、相手の名を奪って支配する、恐ろしい魔女の湯婆婆(ゆばーば)である。仕事を持たない者は動物に変えられてしまうとハクは千尋に教える。千尋は、雇ってくれるよう湯婆婆に頼み込み、名を奪われて「千(せん)」と新たに名付けられ、油屋で働くことになる。

動画


※FLVのopcion1(動画上のタブ)は再生されない場合が多い様です。opcion2以降をお試しください。

Ani | FLV | b9 

 ひまわり | YouTube 







コメントを残す

本文にリンクが含まれる場合は承認待ちになることがあります。ご了承ください。