ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ジャンルSF、ロボット
制作スタジオカラー
監督庵野秀明
シリーズ構成(脚本)庵野秀明
キャラクターデザイン貞本義行
放送(公開)期間2007年9月

あらすじ・作品紹介

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ第1作。 舞台は、総人口の半分が失われたという地球規模の大災害「セカンドインパクト」から15年後の世界。主人公の碇シンジは、3年間会っていなかった父ゲンドウに呼び出され第3新東京市にやって来るが、その途中、巨大な謎の生命体「使徒」(第4使徒)と国連軍との戦闘に巻き込まれる。第3新東京市の地下空間「ジオフロント」に存在する国連直属の特務機関「NERV」の最高司令であるゲンドウは、NERV本部に到着したシンジに、NERVが開発した汎用ヒト型決戦兵器・人造人間「エヴァンゲリオン」の一体、初号機を見せ、そのパイロットとなって使徒と戦うことを強いる。シンジは出来るわけがないと拒むが、もう一人のパイロット・綾波レイの重傷を目にし、エヴァに乗ることを決める。

動画


※FLVのopcion1(動画上のタブ)は再生されない場合が多い様です。opcion2以降をお試しください。

Ani | FLV | b9 | ひまわり | YouTube 







君の名は。バナー 君の名は。バナー

コメントを残す

本文にリンクが含まれる場合は承認待ちになることがあります。ご了承ください。