テイルズ オブ ゼスティリア ~導師の夜明け~

ジャンルファンタジー、アクション
制作ufotable
監督外崎春雄
シリーズ構成(脚本)ufotable
キャラクターデザイン松島晃
放送(公開)期間2014年12月

あらすじ・作品紹介/

長い時が流れたのち、人々が立ち入らぬ森の奥深くに、伝承に語られる「人と天族が暮らす理想郷」を彷彿とさせる村、「天族の杜(もり)」があった。グリンウッド大陸に「穢れ」が広がるようになって久しいこの時代に、天族の杜はいまだ穢れの影響を受けずにいた。この地で拾われた子「スレイ」は、幸いにも周囲の慈しみに恵まれ、またある理由から外界と隔絶した生活を送ってきたことにより、穢れのない純粋な心を持つ青年として成長していた。スレイが村の外に出る事を禁じられていたのは、外界に存在する穢れによって生まれた魔物「憑魔」の餌食とならないようにするため。高い霊応力を持っていたスレイは憑魔に狙われやすい。村の住人は憑魔の恐ろしさをスレイによく語り聞かせていたため、スレイもその禁を破ろうとはしなかったのである。天族の杜は外界と遠く隔てられた、いわば聖域である。そんな限られた土地でスレイができる遊びといえば、偶然手に入れた書物「天遺見聞録」を読むことと、村の近くにある古代遺跡の探検ぐらい。スレイは遺跡をたびたび訪れ、やがて古代の出来事に興味を抱くようになっていった。

公式無料動画リンク


第1話 前編
第2話 後編

コメントを残す

本文にリンクが含まれる場合は承認待ちになることがあります。ご了承ください。